Articles from ARI

【事前予測】トランプ大統領誕生の可能性

【事前予測】トランプ大統領誕生の可能性

(占術夜話 平成28年 夏季号 巻頭特集より)

アメリカの大統領選挙は、4年に1度の11月上旬に当選が確実になります。今回はトランプ氏がアメリカ合衆国大統領になる可能性を西洋占星術で予想してみます。私の講義ではヒラリー氏との比較や過去の大統領の分析も同時に行っていますが、あまりにも長くなるので、トランプ氏の部分だけとなります。出生図からみた大統領になれる可能性が、進行天体や経過天体によって現実化を後押しする状況に注目してみましょう。

トランプ氏の出生データは1946年6月14日10時54分 ニューヨークEDT(夏時間)です。出生データの収集で有名なAstro-Databankの精度評価では「AA(出生証明書による)」になります。

 

【出生図が示す大統領の可能性】

西洋占星術のチャートでは、名誉、名声、出世、大統領の地位は10ハウスやN太陽が示します。トランプ氏の10ハウス関連天体は、以下の通りです。Nはネータルの略です。ハウスはコッホです。

▶N金星: 10ハウス・カスプが牡牛座に接している。NMCと60度を形成している。

▶N水星:10ハウス内に双子座がインターセプテッド・サインになっている。

▶N天王星:10ハウスに在住している。

▶Nヘッド:10ハウスに在住している。

▶N太陽:10ハウスに在住している。太陽は政治家を示す。

 

大統領を選挙で選ぶのは国民です。国民は1ハウスやN月が示します。トランプの1ハウス関連天体は、以下の通りです。

▶N太陽:1ハウス・カスプが獅子座に接している。

▶N火星:1ハウス・カスプと0度を形成している。

▶N月:月は国民を示す。

 

大統領として国民の支持を得るには、1ハウス関連天体と10ハウス関連天体の良い関係が必要です。天体の間の数字はアスペクト度数です。

▶N太陽30NMC

▶N太陽30N金星

▶N太陽30N土星

30度という点では国民の支持を得ます。しかし、これはヨッドでもあります。国民の支持を得て大統領になったとしても、その後に困難がやってくる暗示です。暗殺を示す12ハウス・カスプが獅子座であり、N太陽がヨッドの中心的な役割を示しているので、選挙中あるいは大統領になってから暗殺される可能性もあります。N太陽は、国民、高い地位、暗殺を示します。

 

▶N太陽0N天王星

▶N太陽0Nヘッド

ヨッドにも含まれますが、天王星は既存の停滞した体制に対しての改革を示します。天王星は6ハウスと7ハウスに関係します。7ハウスは同盟国、6ハウスは軍隊です。同盟国との関係や軍隊の扱いを改革します。これが現在のアメリカ人の本音と一致するので人気が出ます。

 

▶N火星60N太陽

▶N火星30N金星

これは国民の支持を得て高い地位になります。しかし、これもヨッドです。

 

大統領を示す10ハウス関連天体と国民を示す1ハウス天体は、危ういヨッドは形成しているものの、密接な関係にあります。爆発的な支持と宿命といえる困難を同時に経験する可能性があります。

 

【出生図の成功相】

アメリカの大統領になるのは最高の出世であり成功です。成功には、太陽、木星、冥王星、MCが関係します。この4つのポイントを特に成功相と私は呼称しています。

 

▶N太陽120N木星

▶N太陽30NMC

▶N太陽45N冥王星(同時にパラレル)

▶MC144N木星

▶N木星=N太陽/N冥王星 90度方式

▶N太陽=N木星/NMC 45度方式

トランプはしっかりとした成功相を持っています。N太陽がN木星とN冥王星にアスペクトしていますが、同時にハーフサムでもコンタクトしているのは、大変強力な成功相になります。

 

【2016年11月8日の1ハウス天体と10ハウス天体】

(Dはソーラーアークです。Tはトランジットです)

▶Dヘッド0N火星

10ハウスに在住しているDヘッドが、国民を示すN火星と0度です。ヘッドは運命的です。彼の社会的な地位に集まる身近な人間関係=ヘッドが、国民と一緒にあるので、トランプのブレーンの力で国民と足並みをそろえる運命であると読めます。もともとトランプは日食の瞬間から4時間以内に生まれています。日食という特別なイベントに関係するヘッドの動きは重要です。

 

▶D冥王星120N天王星

N木星120N天王星をD冥王星が補強します。N木星とN冥王星は成功相であり、N天王星の組み合わせで「突然の大成功」という意味を形成します。

 

▶T海王星120N水星

N水星90N海王星は嘘つきです。しかし、120度で偶像崇拝化=海王星しています。

 

▶Tヘッド60N水星

これも地位の向上に貢献します。

 

▶T天王星60Nヘッド

▶T天王星60N太陽

N太陽NヘッドN天王星とN月の180度を調停します。この調停で一時的に問題を緩和したことが、後の禍になるのかもしれません。

 

▶T土星180N天王星

これはマイナス面です。N天王星は7ハウスと6ハウス支配星なので、7ハウスの明らかな敵、6ハウスの軍部からの妨害を受けるかもしれません。2014年12月~2017年12月までT土星は射手座を運行しており、N太陽双子座と180度です。このしわ寄せは2017年に噴き出すことになります。

妨害の要素もあるものの、大統領に当選するのに十分な星の配置です。

 

【2016年11月8日の大統領選挙における成功相】

 

▶D太陽0Nアセンダント

N太陽は10ハウス在住であり、N太陽120N木星です。このD太陽120D木星が移動してNアセンダントに到達しています。人生で何度もない大きな成功時期です。これは同時にNMC、N太陽、N土星N金星で構成されたヨッドがソーラーアークで移動してNアセンダントに到達したことを示しており、国民の支持を得て高い地位に到達するという組み合わせです。

 

▶D冥王星0N木星

成功相です。10ハウス在住のN太陽と120度のN木星と0度です。

 

▶T冥王星90N木星

D冥王星0N木星になっている状態で、T冥王星90N木星です。このN木星は10ハウスに在住しているN太陽NヘッドN天王星と120度です。ネータルで暗示されていることがソーラーアークである一定期間準備され、トランジットで現実化する典型例です。N太陽N木星N冥王星の配置は、この生年月日近辺同じなのですが、N太陽NヘッドN天王星が10ハウスに在住しているのは、この出生時間近辺だけです。これに加えて大統領を狙える環境的な条件がそろっていることを考えると大変強力な成功への後押しとなります。

 

▶D冥王星=N太陽/N冥王星 90度方式

▶D太陽=N太陽/N冥王星 45度方式

ハーフサムでも成功相を形成しています。

 

▶T木星=N太陽/N冥王星 90度方式

大統領が確定してからの数週間は、成功を感じる時期でもあります。

 

【2017年1月20日大統領就任式のトランプ氏】

 

▶T木星120N太陽

N太陽は大統領の地位を示す10ハウスに在住しています。

 

▶T木星120Nヘッド

Nヘッドは大統領の地位を示す10ハウスに在住しています。

 

▶T木星60N月

N太陽NヘッドN天王星とN月の180度を調停します。

 

▶T木星=N太陽/N冥王星 90度方式

これは2016年11月8日も形成されていたものです。T木星が順行と逆行を繰り返したことにより、N太陽/N冥王星に何度も接触します。T木星が大統領の地位に関係する天体を強力に刺激します。

 

【結論】

出生図には大統領になる十分な可能性がありました。出生図が示す大統領になれる可能性をソーラーアークなどで強力に後押ししています。最後のダメ押しとしてトランジットが作用しています。環境要因として、実際に大統領選挙を戦っている事実を加えると、トランプが大統領になる可能性があると予想できます。

 

占術夜話 平成28年 夏季号 巻頭特集より

隈本健一

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんな方法が学べる、占星学総合研究所の総合コースのご案内はこちらから。