占星学の基礎知識

アスペクト

「アスペクト」とは、天体(感受点)と天体(感受点)の間で成立する相対的な角度のことで、「座相」とも呼ばれます。それぞれの「アスペクト」には意味があり、それぞれの天体(感受点)は、アスペクトを形成することにより、その特質や個性が引き出されることになるのです。
「アスペクト」は、「メジャー・アスペクト」と「マイナー・アスペクト」に分類できますが、ここでは一般的な「メジャー・アスペクト」に」ついて解説していきます。
また「アスペクト」の影響は、正確に角度を形成している場合だけでなく、許容範囲を設けています。これを「オーブ」と呼びます。「オーブ」の範囲内であれば、「アスペクト」の影響はありますが、狭いほど強力に作用します。

メジャー・アスペクト(第一種座相)

コンジャクション0度コンジャクション・合・Conjunction
コンジャクション
  • ハードアスペクト(ただし、ソフトにも変化する)
  • 基準のオーブ±6~8度

2つの天体(感受点)が黄道上のほぼ同じ位置で重なること。互いの性質を強調し合い、新しい力を生み出す。ある天体に対して、もうひとつの天体の力が注ぎ込まれることで、無自覚な衝動性が強まることになる。

オポジション180度オポジション・衝・Opposition
オポジション
  • ハードアスペクト
  • 基準のオーブ±6~8度

2つの天体(感受点)が黄道上でほぼ正反対の位置にあること。一方の天体が、
もう一方の天体に向かって積極的に働きかけていく。緊張や対立、葛藤などを生みやすい。外に向かって何かを表現していくときには必要になるアスペクト。

スクエア90度スクエア・Square
スクエア
  • ハードアスペクト
  • 基準のオーブ±4~5度

2つの天体(感受点)が黄道上で90度離れた位置にあること。性質が異なる星座(サイン)で形成されるので、人生の転機や成長などに影響する。困難や障害、犠牲を克服しながら、新たな力を手に入れていくアスペクト。スクエアがない人は、努力することが苦手になる。

トライン120度トライン・Trine
トライン
  • ソフトアスペクト
  • 基準のオーブ±4~5度

2つの天体(感受点)が黄道上で120度離れた位置にあること。互いの天体の性質を順調に発展させるので、幸運のアスペクトと呼ばれる。同じエレメントのなかで起こるので、その元素の力を強める。安易な方向に流れやすいので、油断を生むこともある。

セクスタイル60度セクスタイル・Sextile
セクスタイル
  • ソフトアスペクト
  • 基準のオーブ±3~4度

2つの天体(感受点)が黄道上で60度離れた位置にあること。才能や可能性、成長という意味があり、トラインよりも創意工夫する力がある。風と火、水と土の間でのみ形成されるので、男女のような関係性になる。問題解決の方向性を示す。