占星学の基礎知識

12ハウス

天体を10人の役者だと考えると、ハウスはその役者(天体)が活躍する舞台のようなもの。人生で起こる具体的な出来事は、ハウスを読み解くことで理解できます。
また、ハウスは、東の地平線(ASC・アセンダント)と西の地平線(DSC・ディセンダント)を結ぶ線によって上(昼)と下(夜)に分けられ、天底(IC・イムム コエリ)と天頂(MC・ミディアム コエリ)を結ぶ線によって左と右に分けられます。

天球12室の位置

12ハウスの三区分

12ハウスは、ASC、IC、DSC、MCを起点として、次の3つに分けることができます。

アンギュラー 1室、4室、7室、10室
サクシデント 2室、5室、8室、11室
カデント 3室、6室、9室、12室
1ハウス自分
基本的な資質や性格、生き方をあらわす場所。
自分自身では自覚していませんが、他者に与える第一印象であり、
その人のキャラクター形成に強く影響します。
  • 個性、人柄、他者へのイメージ、行動の癖、身体的特徴、生命力、生まれたときの環境、自己表現
2ハウス所有
自分が所有するものをあらわす場所。
自分の力で手に入れるもので、稼ぐ力や稼ぎ方がわかります。また、特技や技術といった無形の財産にも関係する分野。
  • 収入能力、収入方法、資源、金銭、価値観、物質的な充足、エゴ
3ハウス知識・コミュニケーション
基本的な知性の働かせ方や身近な人との関係性をあらわす場所。
常識や人間関係など、社会生活に必要な様々なことを学ぶという
意味があります。
  • 知性、初等教育、近距離での移動、常識、言葉でのコミュニケーション、兄弟姉妹、近所の人、適応能力、性格的な危うさ
4ハウス家・居場所
自分のルーツや心の拠り所であり、人生の晩年期をあらわす場所。
家庭環境や家族の在り方に対する価値観がわかります。
家や不動産も示します。
  • 家、両親、家族、先祖、親からの影響、不動産、自分の居場所、安全、晩年、良心の所在、父親とみる場合と母親とみる場合の両方がある。
5ハウス創造・恋愛
人生の楽しみや喜び、創作活動をあらわす場所。
恋愛や趣味など夢中になれるもの、表現したい欲求、
何かを生み出すという意味があります。
  • 恋愛、子供、創作、趣味、冒険、ギャンブル、投機、ゲーム、レクリエーション
6ハウス奉仕・健康
集団のなかで果たす役割、健康や病気をあらわす場所。
雇用されることでの仕事や社会で役立つための訓練という意味も
持っています。
  • 労働、アルバイト、雇用、使用人、奉仕、貢献、能力の鍛錬、実務、小動物、健康、肉体的弱点
7ハウス結婚・人間関係
社会への入口、他者との関係をあらわす場所。
結婚相手や結婚生活、仕事での協力者、取引相手、ライバルなどを
みることができます。
  • 結婚、対人関係、パートナーシップ、契約、対立、裁判、戦い、公共、オーディション
8ハウス共有・遺産
他者と深く関わることで手にするものをあらわす場所。
金銭面だけでなく無形の財産、精神的な価値観、
セックスなども含まれ、利益と同時に損失を招くこともあります。
  • 遺産、継承、相続、死、セックス、共同、金融、融資、借金、大企業、変容
9ハウス探究・旅
精神的な世界への興味と広がりをあらわす場所。
海外や宇宙など未知のものへの興味と、高度な学問や哲学、
宗教などへの関心を示します。
  • 高等教育、思想、哲学、外国語、海外、遠距離の旅行、宇宙、出版、学術
10ハウス社会・天職
社会での目標、到達点をあらわす場所。
天職やキャリア、肩書、地位などを示し、
社会生活における適性や適応能力がわかります。
  • 社会的立場、キャリア、ステイタス、野心、職業、社会参加、貢献、父親とみる場合と母親とみる場合の両方がある。
11ハウス友人・未来
仕事からは離れた部分での友人関係やグループ活動をあらわす場所。
共通の目的や考えによって築かれた人間関係や
未来を創造するパワーを示します。
  • 友人関係、コミュニティ、サークル、クラブ、未来ビジョン、希望、現状への批判精神
12ハウス秘密・潜在意識
ふだんは見えないもの、隠れているものをあらわす場所。
潜在意識や心理的な恐怖、
具体的な形のないもの(インターネットなど)を象徴します。
  • 秘密、潜在意識、自己犠牲、カルマ、メディア、ネット、精神世界、癒し、罪、障害
▲ページトップへ